「やせる」ってもので痩せるものはない原信太郎さんの鉄道博物館オープン!

2012年07月09日

日本の巨大グループを日本人は知っているのか!?

bd659ae2.jpg日本のバイク業界には、世界トップ4と言われるホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキがあります。この中で特筆されるのがカワサキです。

というのも、他の3メーカーが基本的に一般生活者を相手にしたリテール商売。つまり車やバイクを一般生活者に供給するのが本業なのに対し、カワサキは川崎重工業ですので電車や船や戦闘機などを造るのが利益構成上の本業です。

例えば家電業界も同じようなことが言えます。パナソニック・ソニーって言えば家電が事業の中心ですよね。それに対し、日立・東芝・三菱といった所は総合メーカーですので、圧倒的な規模の違いがあります。日立はなんといってもあのフォーブス誌に、日本唯一のコングロマリットと認められてるほどですからね。

これ、昔はその規模の差が信用・信頼になってました。「戦闘機を作るカワサキだからバイクだって信頼性が高い」とか「エアコンや冷蔵庫は重電企業の日立・東芝・三菱でしょ」って感じです。

ところが最近の若者って、そういう当たり前のことすら知らないんですよ。例えば「ソニーにはエアコンも冷蔵庫もないでしょ」「パナソニックの発電所なんてないでしょ」って言うとやっとうっすら気づく。「ホンダが航空機やる意味分かるでしょ」って言ってはじめてカワサキが飛行機造ってることに気づくんです。

こういうのって一般常識だと思ってたし、これら巨大メーカーで働く皆さんもそう思ってると思うのですが、もしかしたら宣伝不足なのかもって感じはじめてます。日本を代表する巨大企業を日本人が分かってないとしたら、あまりにも損ですもんね。

これって、私は誰から学んだのでしょう?きっとCMなんですよ。そう、広告から学んだんです。だからこそ、今また広告によって、日本に自信と活力をみなぎらせる事ができるんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 07:02
「やせる」ってもので痩せるものはない原信太郎さんの鉄道博物館オープン!