消費税ちゃんと徴税してくれー!公立小学校のスケジュールは限界に達している

2012年06月22日

本国会で「養ほう振興法の一部改正」が成立いたしました

何も進んでないように見える国会ですが、ちゃんと法案が出され、誰も支持も反対も表明しないまま成立してるものもございます。例えばこの「養ほう振興法の一部を改正する法律案」もそうです。

「養ほう」ってなんじゃい?って思いますよね。そう分かりにくいので、今回「養蜂」に変わることになりました。「養ほう振興法」改め「養蜂振興法」です。

そして、生産物が「はちみつ及びみつろう」から「蜂蜜、蜜ろう、ローヤルゼリー等の蜜蜂による生産物」に改められました。他にもいろいろ改訂されてます。

どうってことない話しですが、私は個人的にこの法律の改正は15年ほど前に働きかけた経緯があり、ちょっと興味を持って見てました。多くの人々にとっては「どっちでもいいじゃーん」かも知れませんが、養蜂農家にとっては重要ですからね。

そういえば「原子力規制委員会設置法案」も成立してましたよね。国会は立法府=法律を作る場所ですんで、ちゃんと法律も成立してるものもあるんですよ。

もう少しテレビでも、党内外のもめ事だけ放送するんじゃなくって、「本日、以下の3法案が成立いたしました。」ぐらいは報道してくれてもエエんちゃうんかい?って思ってます。

gq1023 at 05:02│

この記事へのコメント

1. Posted by 村の遊び人   2012年07月07日 12:15
見直しをするのはいいが在来種と外来種を一緒の法律で括るのはどうだろうか? 近年、西洋蜜蜂の自然界繁殖が多くなっています。 自然保護団体が騒ぎ出したらどうなるのでしょうか?
そちらの方が心配です。
2. Posted by Hippo   2012年07月08日 08:32
> 村の遊び人 さん

昭和30年から放置されてた法律ですから、存在をちゃんと認識していこうっていう姿勢は大切だと思ってます。その上で、日本蜜蜂の保護と西洋蜜蜂の大量繁殖や大量死をどう位置づけていくかは確かに大きな問題ですね。

製品についても、水あめでのばした蜂蜜と称する物の存在や、安全管理方法があいまいなローヤルゼリー、ポリン、プロポリス等の管理方法確立も重要な課題ですよね。いろんな意味で、これからも法改正していく必要がある法律ですね。
消費税ちゃんと徴税してくれー!公立小学校のスケジュールは限界に達している