泣くな本山、泣け本山、これが耐久レースだ!核のゴミには行き場がないって?

2012年06月20日

スカイツリー「ソラマチ」のマーチャンダイジングについて

6463344b.jpg商業施設運営において「滞留時間を長くする」「回遊性を追求する」なんてのは基本中の基本。ダイエーやマイカルがバリバリ元気な頃から言われてきた事です。まあ、今風の言葉で言えばMD=マーチャンダイジングってやつですな。

そのためには床面積を広くする方法も、ドンキホーテのように山積み&通路極小にする方法もあるのですが、その基本となるのが「トレジャーハンティング(宝探し)性の創出」です。別の言い方をすると「計画購買の中止」と「非計画購買の促進」ってヤツです。

スカイツリーの場合、地元住民は劇的に増加しませんから、地域内での計画購買は少ない。ただし京成押上駅(京成&都営浅草線)から東京メトロ押上駅(半蔵門線&東武)の乗換客が多いため、地下エリアでは計画購買が多い。

団体客は1階から入るので、1階はみやげ物がある程度ショーケース的に見られる仕組みが有効で、さらに整列隊列の所でも同じような仕組みが効果的。展望台から降りて来た場所にはテイクアウトのフード店を並べ、それを食べながら見られるお土産屋がその周囲に来るのが当たり前の考え方になります。

ところが団体客の入る1階にケンタッキーがある。日常的な利用者の動線である押上駅から入って来た所はサマンサタバサ。ちなみに隣がマツキヨです。ちなみに逆サイドの東京スカイツリー駅側は東京ばな奈の横にファミマ、向かいにミスドとマツキヨ。MDが滅茶苦茶なんです。

もっとすごいのが2階。高級スーパーの北野エースの隣に、激安肉屋のニュークイック、近くには二木の菓子まであります。確かに計画購買は中止できますが、高級スーパーで買おうと思う人の購買を中止させてより安い物を買わせるってのは、いかがなもんでしょうか?

この2階フロア、ZARA・ロクシタン・アローズなんてのがあるのに、三省堂書店もあるというごちゃ混ぜ状態です。

このソラマチってユニクロやロフトもあるんですよ、だったらもっと有効的な店舗配置ってあるわけです。書店を置くにしてもTSUTAYAなのかビレッジヴァンガードなのかみたいな選定があって、それを核にして雑貨を配置したりカフェを置いたりね。そんなの常識です。

展望台から降りて来た5階なんて、まるで何にもない。食品問屋大手の国分のショールームなんてものがあるんですが、そんなのおかしいでしょ。定価で販売するお土産物店が何店も入ってる施設に、二木の菓子が激安で土産菓子売るってアリなんですか?

いろいろ書きたかったんですが、今まで書けませんでした。やっとアエラさんがオフィス賃貸部分での批判記事を書いてくれたので書いてみました。

館内には広告スペースもあるんですが、来場者が普通の人なんで、駅広告と同じ対象への広告になる。ところが駅広告は通勤・通学者に毎日刷り込めるのに対し、スカイツリーの場合は、たった1回だけの人が大半。それじゃあ効果が限定的なわけです。

相談してくれればMD&リーシング提案したんですがねえ。トレンドに応じたリニアな対応も提案できましたがねえ。もうオープンしちゃってるのでどうしようもない。人はいるけど誰も何も買わないって状況だと思われます。

一応イベントやってますが、我々プロの目だと「えっこれ!?」ってイベントです。いわゆる業界用語でパフォーマーってやつ。大道芸人ですわ。人の来ない住宅展示場みたいなイベント。「こんなんでええんかいな?」って思うのですが、エエんでしょうねえ。

こんなんやったら、完全にアウトレットに振っても良かったんじゃないっすか?年に2回のフードコートオーディションがあって、3ヶ月ごとに入賞店舗と売上下位店舗が入れ替わるオーディション型フードコートなんてのも良かったんじゃないっすか?

自分で言うのもなんですが、こう見えてもHippoのオッチャンはプロでっせ。そのへんのバイクレース好きなただのオッチャンじゃおまへんで。

オープン期は施設の価値を決する最も重要な時期。だからこそ、オープン前にもっとプロなオッチャン達に頼めば良かったのにーって思ってます。

そらまちイベント情報
http://www.tokyo-solamachi.jp/new/event/9/
東京スカイツリーアドメニュー
http://www.tobu.co.jp/corporation/ad/skytreetown/

gq1023 at 07:43│
泣くな本山、泣け本山、これが耐久レースだ!核のゴミには行き場がないって?