国民全員で泥棒やったらお金なんてすぐなくなるゆとり教育なんてウソっぱちだ

2012年06月14日

民主党「総合こども園」断念

15b002a0.jpg分かりにくくてすいません。民主党の「総合こども園」構想は、自民&公明の反対によりなくなりました。よって現状の「認定こども園」構想を拡充することになります。

何が違うかって?ほとんど同じです。言葉遊びみたいなもんです。役所の縦割りを残したまま、幼稚園と保育園の機能を合体させたのが「認定こども園」で、厚労省vs文科省の対立により、補助金の受け取りが難しくなる部分があり、ぜんぜん増えません。まだ全国で1000件ないんです。

こちらは小泉改革の一つとして導入され、「文部科学省・厚生労働省 幼保連携推進室」ってのが進めていますが、まあ対立室みたいなもんで、お話しになりません。「文部科学省初等中等教育局幼児教育課」vs「厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課」ってことです。

幼稚園は教育機関で、保育園は雇用対策であるという。だったら幼稚園の前後に保育機能を持たせたら働く親は便利だねって発想と、保育園の中に幼稚園を設けたら教育が充実するねって発想の違いなんですが、まあ利用者側の視点だと、どっちゃでもエエ話しです。

この構想、自民党時代は「幼保一元化」構想として議論されて来ました。その際に「認定こども園」創設へと動き出したのです。

しかし民主党は「幼保一元化」ではダメだ「幼保一体化」が必要だ(すいません分かりにくくて…)といって、新しい時代の幼稚園と保育園が一つになった仕組みを議論してきました。そこには「給食にするかお弁当か」みたいなクソみたいな論議も含まれます。

本当にどっちゃでもエエんですが、統合されると政党間で議論できないから、「統合した方がイイ」ってことだけ明確で、あとはケンケンガクガクやっていたいのです。

この手の話題って「小中一貫教育」「小保連携」「小中幼保一元化」なんて調子でイッパイあります。全部同じようなこと言ってて、同じように対立してます。

今回もまた「子ども手当てvs児童手当」みたいな話しになっちゃいました。ちなみに国民からしたら、どっちでもエエヨーン!

gq1023 at 07:06│
国民全員で泥棒やったらお金なんてすぐなくなるゆとり教育なんてウソっぱちだ