野球の指導で野球って好きになるものかい?パーラメントスモーキングワーキングスペース

2012年05月10日

和牛の債権化事業は間違っていたのか?

e397889c.jpg株式会社安愚楽牧場って知ってます?栃木県那須塩原に本店を置き、和牛を債権化して販売する事業を営んでいた会社です。昨年12月9日に清算型の破産決定が出ました。

ここ、簡単に言えば和牛ファンドです。2010年3月期には売上高約784億、営業利益は約2.7億円を上げていたと発表されてました。だけど、資本金はたったの3千万円。確かに牛と牧場はあるのかも知れませんが、ファンドとしては厳しい財務状況だったわけです。

2年30万円の投資で利益9千円、3年50万円で利益は1.7万円で、さらに和牛ももらえるというもので、高利回り投資商品として人気を集め、全国各地に自社牧場を有していた他、各地の牧場と預託契約を結んでいました。石垣島にも直営八重山牧場があります。

ただね、株主が前代表取締役の三ヶ尻久美子氏100%だったんですよ。海江田万里さんがね、何度も薦めてたんですが、やっぱ個人が100%出資の会社に投資できないでしょ。銀行や証券会社が出資してない債券って買えませんよね。

しかもね、売り文句が「繁殖牛に投資すれば、生んだ子牛を売って儲けが出ます」ってことになってた。そんなわけないんですよ。子牛で儲かるんなら、石垣島って言うか八重山は子牛販売がメインだから、儲かるはずでしょ。でも配当出せるほど儲けてる人見ませんもん。

とはいえ、考え方は正しいと思うんですよ。農業者は投資がハンパじゃないからファンドで資金集めるのは正しい。正しいのだとしたら、どうすれば破綻しないファンドが構成できるのか、ちょっと考えてみたいと思います

gq1023 at 07:54│
野球の指導で野球って好きになるものかい?パーラメントスモーキングワーキングスペース