続・けんか上等無い袖は振れない

2012年04月25日

日本円が強いのにサーチャージで海外旅行に行けない

b16ab2f8.jpg1万円を韓国ウォンに換えると14万ウォン。アメリカドルなら120ドル。中国元なら770元にもなる。とっても円高はウキウキします。

ところがサーチャージ(燃油特別付加運賃)ってのがネックで海外旅行に行けないのです。大した金額じゃないんですよ、JALを例に挙げると韓国で往復4400円。アメリカで往復47000円です。

「Yahoo!トラベル 海外航空券予約」で成田ーロサンゼルスの往復航空券を検索すると、ゴールデンウイーク明けなら一番安いのは1万円切ってます。その値段なら行くべきですよね。分かってるんですが、このサーチャージが5万円ってのが引っかかるのです。

成田ーソウルなんて5千円程度から買える。ゴールデンウイークでも2万円切ってるチケットあります。行くべきだってのは分かってるんですが、なんかケチな男なんですよねえ。

英語の本もキンドルで買えちゃうし、買いたいものも通販で手に入るでしょ。フェデックスなら海外からでも翌々日には届きますからね。

6月からサーチャージが上がるんですって。だから5月末までがお得だよって言われたんですが、調べてみたらアメリカ往復で5千円。韓国往復で600円の値上げでした。「なーんだ」って思いました?私は「こりゃ安いうちに行かなくちゃ」って思いました。

この金銭感覚っていったい何なんでしょうねえ?景気は気分に大きく左右されると言いますが、それをまさに自分の中で感じております。

gq1023 at 07:27│
続・けんか上等無い袖は振れない