町会=地方議会=国会=老人会メディアの小沢一郎発言ってパクリじゃん!

2012年04月19日

ベルマーク運動

f0979a89.jpg世の中にベルマーク運動というものがあります。様々な商品についているマークを集めて学校へ持っていくと、その点数に応じて様々な商品と交換できるって仕組みです。その昔、大手新聞社の周年事業として開始されたと言われています。

点数は1点1円。ベルマーク参加企業は、1点につき1.25円支払って、差額の0.25円分が全国のへき地の小・中学校100校や、特別支援学校(養護学校20校、盲学校70校、ろう学校15校)、病院内学級4校に教育設備などの援助がおこなわれる仕組みです。

ベルマークって大量のPTAが膨大な労力をかけて集めます。まず家庭内でチョキチョキ切って集めたものを学校に持ってきてもらって、持ってきてもらったものを企業別に仕分けして台紙に貼れるようにチョキチョキ切って、透明度の高いセロテープを使って台紙に貼って、その台紙ごとに点数を集計して財団に送るのです。

東京のど真ん中の小学校ですんで、大半の家は夫婦共働き。わざわざ仕事休んだり、早く帰ってもらったりして、ベルマークの集計作業をしていただくPTAも少なくありませんが、学校のため子供のためと一生懸命お手伝いされてます。

ところがこれ、全国で集まるのは5億点程度。PTAに入るのは5億円ってことです。参加小学校が約1.5万校、中学・高校・幼稚園等が1.3万校なので、乱暴に平均すると1万8千円弱にしかならない。うちの小学校は生徒数200世帯程度なんで、大して集まりません。

これに対し、ベルマーク用透明テープの購入や台紙の送料などで、うちの子供が通う小学校では年間経費が1.5万円ほどかかってます。仕事休んでもらって、年間に何度も集計してこれじゃあ割りに合わないんですよ。

今日、品川区大井町でベルマーク事業説明会が開催されます。ここに参加するPTAのお母さん方は、わざわざ仕事を休んで参加してくださいます。機会損失は著しいのに、実際には赤字に近いプロジェクトって、何かおかしいと思いません?

専業主婦が多く、地域の商店街も機能していた時ならいいですよ。地域の店舗や食堂から大量にベルマークが持ち込まれてたわけです。ところが今は、家庭でチマチマ集めた物しか来ない。だったら集めるだけ集めて、そのまま養護学校などに寄付して、丸ごと使ってもらったほうがいいんじゃないかと思うのです。

集計の日が、学校のお母さん方の交流の場として機能してたらいいのですが、ベルマークに対する愚痴だらけの会になってると、せっかくベルマーク事業に参加してくださってる各企業様にも申し訳ないので、何らかの改善を試みたいと思ってます。

gq1023 at 07:38
町会=地方議会=国会=老人会メディアの小沢一郎発言ってパクリじゃん!