偉大なる先人が遺してくれたもの社内のメンバーと飲みにいくほど無駄なものはない

2012年04月16日

通販のカギはリピート

976fdc27.gifテレビ通販ってよく見かけますよね。あれ、基本的には売ってる商品で放送料をペイさせることはできません。つまり大半は赤字です。

ではなぜやるのかというと、テレショップで買い物する人は、通販に関して好意的で、購入後も継続購入が見込めるのです。そう、つまりジャパネットで商品を買う人は、他の商品も買う可能性が高い。彼らは、カタログショッピングで稼いでいるのです。

これは単品通販でも同じです。無料サンプルなんてペイするわけないでしょ。サンプル請求をさせて、住所・氏名・電話番号・メールアドレス等を聞き出す。そして、そこにDMを送って、本商品を売るわけです。

無料サンプル申込者数が広告エリアの0.01%とするでしょ、そうすると50万人で50件の申し込みになります。その12%が本商品を買うとして6人。そのうち40%が3年以上継続するとして2.4人が継続購入することになります。

基礎化粧品の5点セットで3万円の商品だとすると、継続購入者は平均2ヶ月に1回買うとして年間18万円。3年なら54万円。これが2.4人だったら約130万円。3年継続しない人の数字を合わせて180万円ぐらいと考えるとペイするようになるわけです。

まあ、実際には無料サンプルのお申し込みが広告エリアの0.01%も来ることはありませんから、実勢数字はもっと低い位置で推移しますがね。

通販で商品を買ったことがあると答える人はネット調査でも6割未満。全体調査ではさらに劇的に低くなります。通販マーケットはただでさえ小さいですから、しっかりとデータを頭に叩き込んでビジネスしないと、大変な市場であることは間違いありません。

ちなみにどんな商材が向いているかですが、コンタクトレンズ・健康食品・化粧品・お米・お茶・梅干なんてのが有利です。最初からリピートさせる仕組みになってる頒布会もいいです。

なお最近は、最初のサンプルを書店ルートで獲得して、その後リピート通販に持ち込むデアゴスティーニ商法ってのも流行ってます。これも初回790円とかいって、2号目から1600円ぐらいになって、値上げしたりしながら3年ほど続いて30万円ぐらいで完成する仕組みですが、前述のリピートビジネスの変化系です。リーダースダイジェスト全盛期の仕組みですが、現代でも使えることに驚きました。

gq1023 at 05:56│
偉大なる先人が遺してくれたもの社内のメンバーと飲みにいくほど無駄なものはない