子供を施設に預けるのが少子高齢化対策なのか?小学校なんて私立も公立もかかる費用は同じ

2012年04月14日

有識者による委員会

政府や自治体ってのが有識者による研究会や調査会ってやりますよね。じつは先に結論できてます。導き出す結論が決まってて、それを役所が勝手にやったって事にならないように研究会をやって、その有識者達の意見でやった事にするわけです。○○省なんちゃら委員会なんてやつね。

これには適度に反対意見が必要。強硬な反対意見を言うようなら、委員を変更しちゃうんです。委員会やる前に委員会の結論を受けて策定される法律や条令の草案だって作成されちゃいます。

役人の言うことをちゃんと聞く人は、また委員に選ばれる。その結果、「外部の有識者からご意見をいただき策定しました」ってインチキが世に横行するわけです。

まあ、原子力村が話題になりましたが、金融村や道路村なんてのもあって、どれも同じようなもんです。国だけじゃなく都道府県や市区町村に至るまで、この仕組みになってます。バカバカしいでしょ。

いろんな委員会の報告資料って誰でも自由に見れます。読むと情けなくなりますよ。有識者と称する人々が会議室にずらっと並んで、適当な言葉をしゃべってるのが目に浮かびます。学芸会の台本読み合わせみたいなもんですね。

もうすこし、ツイッターとか活用して、特定少数のお手盛り委員会じゃなく、不特定多数から貴重なご意見を収集したほうが、中央も自治体も運営しやすく、政治家は次の選挙に受かりやすいんじゃないですか?って私自身は思ってます。余計なお世話ですがね。

gq1023 at 10:04
子供を施設に預けるのが少子高齢化対策なのか?小学校なんて私立も公立もかかる費用は同じ