今日は品川区長視察日原発は止めてると確認できない作業もある

2012年04月12日

PAC3なんてまやかしさ!

renewal07_mainimg02PAC3が石垣島に配備されました。朝霞・市ヶ谷・習志野にも同様に配備されてます。これで、配備されている場所の20〜30km程度の距離は防衛できる可能性があります。

ただね、飛んでくるのはロケットなんですよ。弾頭が搭載されてるわけじゃないので、落ちて来るとしても、迎撃する意味がないんです。PAC3が発射されて、落下してくるロケットに命中したら、バラバラになった金属片がバラ撒かれるわけです。

どっちにせよPAC3は20〜30kmしかカバーできない。日本の大半はカバーされてませんし、どこであろうとも発射すると状況は悪化するだけですから、兵器の真の能力を敵に見せないためにも、発射しない前提での配備なんでしょう。

まあ、落下してくるってことは打ち上げ失敗なわけですから、日本のどこに落ちてきてもおかしくないってのは事実ですが、じつは中国に落ちちゃうかも知れないんです。いやー、ぶっちゃけロシアかも知れない。

これ、ネットの画像なんでイタズラかもしれませんが、NASAと北の制御室の違いです。北の制御室が本当にこれだとすると、ネットカフェよりシンプルな感じですよねえ。NASAが50名以上でカバーしていた制御作業を、16名でやっちゃうってのは先進的すぎますよねえ。

ちゃんとした機械なんですかねえ?あの国で上司から「打ち上げは万全だな?」って聞かれて、部下が「こんなんで打ち上げたら、えらい事になりまっせ!」って言えるんですかねえ?信頼性がうやむやのまま打ち上がるんじゃないですかねえ?

私は多くの人々の考え方と異なり、ちゃんとロケットが発射され、ちゃんと事前のコースどおりに飛行し、衛星が無事軌道に乗ることが、世界中みんなが一番幸せになれる唯一の方法なんじゃないかと思ってます。

ちなみにこの映像は中国でロケット打ち上げに失敗した映像です。発射基地近くの街が壊滅してますが、中国政府は6名死亡57名ケガと発表してます。そんなわけないのは一目瞭然ですが、まあ秘密主義ってのはすごいですね。


gq1023 at 00:13│
今日は品川区長視察日原発は止めてると確認できない作業もある