吉本興業様から創業100周年のお手紙お金がなければ節約するしかないの

2012年04月04日

国家公務員の新規採用抑制の意味は何だ?

民間企業には、派遣&契約社員への賃金引き上げや社会保険料の負担増を押し付けといて、国家公務員の新規採用だけ減らしてるのは何だ?国会議員の定数削減とか歳費削減からやらないのか?この就職難の時代に、どんな素敵な指示を出してるのか意味が分からん。

民主党のマニフェストでは、国家公務員の総人件費を2割削減するとあったが、その半分にも至ってない。無理やり帳尻合わせるために、2年間だけ平均7.8%下げる特例措置を出してきたけど、肝心の国会議員の数と収入が減ってないじゃないか。

政党助成金は、企業献金を廃止するという約束で導入されたんだから、政権変わったらなくせるはずでしょ。なんでやらない?

反対のための反対を野党がするならまだしも、与党内でやってるじゃないか。さっさと分かれるなら分かれる。解散するなら解散する。まあ筋を通すなら解散だわなあ。マニフェストがでたらめだったんだからねえ。

この就職難の時期に、国家公務員を「民主党政権の存在をアピールするためだけ」に、ほんの数年だけ、しかも新規採用だけ抑制するというのは、あまりにも特定世代に対するダメージが大きすぎる。もっと、早期退職制度の導入等の方法があったんじゃないか?

抑制の明確な理由も見えない。人が余ってるのか?余ってるなら、その具体的な部分を明示するべきじゃないのか?説明不足の上に、国民から何の評価も得られてない。敵に回したのは若い世代と国家公務員。頭おかしいんじゃないかと心から思う。

大丈夫?この政権。

gq1023 at 07:36
吉本興業様から創業100周年のお手紙お金がなければ節約するしかないの