また派遣法改正っすか!?日本の年度末の決済日です

2012年03月29日

原発が発電してないというのは非常に危険

じつは、原子力発電所に何基も原子炉があるのは、万一の際にどれか1基でも動いていれば電力が供給できるからでもあります。

今は全部止めてますので、自発的に発電できるのは冗談みたいなディーゼル発電機だけ。危なくってしょうがない状態です。

ニューヨークの大停電って覚えてます?あんなのが発生したら、日本中の原発の核燃料が全部福島第1&第2みたいになっちゃいます。ちゃんと分かってる人、政治側や反対運動してる活動家の中にいるんですかねえ?

原子力発電所が発電してようが停止してようが、そこには核燃料が大量にあるんですよ。何の問題解決にも至ってない。ただ単に、現場の電源が外部頼みって非常に危ない状況になってるだけです。

危険を回避するために何かをやるのなら、さっさと稼動させることです。誰でも説明すれば分かるでしょ。感情論よりも住民の安全優先で物事を考えるべきだと思います。

gq1023 at 17:22│

この記事へのコメント

1. Posted by dem   2012年03月31日 00:12
自分は原発反対派ですが、実際問題として動かさないリスクの方が大きいと思ってます。
古いのを無理やり動かすのはどうかと思いますが、新しく安全性が確認されたものについては動かすべきでしょうね。

一番怖いのは、こういう本質的な話を普段の生活の中で全く聞くことが無いってことかもしれませんね。
2. Posted by Hippo   2012年04月02日 06:00
> demさん

コメントありがとうございます。私は原発反対派ですが、アメリカ軍を隠れミノにした核武装は容認派です。

なぜ原発反対派かというとコストが高いからです。コストが高いのをごまかして低コストをアピールしているので反対派なんです。

今の「世論に配慮して原発を止めておこう」という状態は、賛成or反対の論議とは別の「次の選挙に当選したい人」や「原子力村の権力闘争」のためだけの話しであり、それによって原発内発電の交流電源がゼロという危機的状態が全国に広がっているのは、非常に危険だと思います。

こんな町のオッサンがブログに書いた所で、クソの役にも立たないかもしれませんが、おかげで好きなこと書かせてもらってます。
また派遣法改正っすか!?日本の年度末の決済日です