コンサートイベントの流れを淡々とご紹介SNS全盛時代にあえて苦言

2012年03月28日

よくもまあ人を小さく働ける組織を構築するもんだ!

94561a79.jpg大企業ってのは、大きく働ける場所じゃなきゃいけないと思うんです。大企業を目指す人ってのは「大きな仕事をやりたい!」って人であるべきと思うんです。そのためには組織横断的な発想が不可欠なのは当たり前。

ところが、増え続ける40〜60代にポストを与えるため、大企業ほど組織を細分化させ、そこに誰が偉いか分からないマネージャを乱立させ、くだらない人事評価システムを導入し、全社的な数字に目を向けない部門数字至上主義みたいなのが平然とまかり通ってます。

社員食堂の仕入れを監視する「調達本部・査定部・社員食堂課」VS 社員食堂のクオリティ向上を目指す「総務本部・健康部・食品指導課」みたいなヤツ。ばかっぽいでしょ。

マクドナルドは、アルバイトの提案でもコンテストで良いと評価されれば全店に導入されるし、(経営が異なる)海外店舗での導入も図られます。やりがいあるじゃないですか。「自分のためにいいこと=きっと他のみんなのためにもいいこと」って考え方は、人を仕事を大きくしてくれます。

自動車メーカーで働いてるのに、タイで使用する鉄ホイールだけの担当っていります?「タイ調達部・ホイール課・スチール係」なんてヤツいらんでしょ。グローバルソリューション本部・スチールプロダクツ部・タイ課」のほうがいい。

小さな仕事ばっかやってても意味ないじゃないですか。若い人ほど、大きな仕事に取り組んだほうが絶対にいい。だったら、セクションなんてくだらない考えは管理職に任せて、大企業ならではの大きなプロジェクトをやるべきです。

自社全体の対前年数字も分かってない大企業社員なんてもったいない。政治が悪いと言って動かない官僚組織なんてもったいない。アジア各国に負けてるとは言え、まだ大企業は何社もある日本。だからこそ、もっと大きな視点で働ける組織構築を図ってもらいたいと思います。

あなた、まさか社内レクリエーションの運動会だけ担当してたりしないでしょうね。まさか社内駐車場だけの管理担当してたりしないでしょうね。まさか近畿地区だけの営業担当してたりしないでしょうね。殻に閉じこもる大企業よグローバルとなれ!

gq1023 at 07:29│
コンサートイベントの流れを淡々とご紹介SNS全盛時代にあえて苦言