エナジードリンクのバトルが熱い!私を鍛えてくれたレスポンス広告

2012年03月19日

安全はすべてに優先する

どんな仕事でもそうですが、安全はすべてに優先します。ほんの2mほどの高さに上るだけでも高所作業。法的にはヘルメット着用です。上に登る人だけじゃないですよ。ヘルメットは上からの落下物に対するものですから、下の人も着用です。

広告看板や広告幕でも「これ危ないなあ」ってのを見かけます。危ないと思ったらやらない。何よりもこの姿勢が大切です。

日本は世界で唯一、自転車が歩道を走る国です。私がジョギングする中原街道は、警察官も歩道を自転車で走ってます。歩車分離は世界共通の原則ですが、日本だけは違う。安全はすべてに優先するということを忘れるとこうなるのです。

原発もそう。最初から危険だったのに「安全と思い込んだ」ことに問題があった。「自転車も歩道を走ったほうが安全」と同じように「原発も1箇所に集中していっぱい造ったほうが安全」となっちゃった。

今、原発を「廃炉」としても、これから廃炉させるまで50年はかかります。雇用は50年維持され、代替エネルギーの開発と運用に向けても猶予が30年はあるわけです。

今、使える原子炉をたちまち放棄することは危険です。使用済み核燃料プールに置いてあるのが危険ってのは、全国民が分かったことですよね。格納容器に入れて、何千人もの監視下で運用してるほうが安全なんです。

福島第一の使用済み核燃料プールって、爆破した建物の中に取り残された水槽ですよ。あんなの、いつ崩れてもおかしくない。回りが崩れてくるかもしれませんしね。やっぱり、格納容器に入れておくべきなんです。

そもそも動く機械も止めたままにすると、次に動かすときに不具合が生じます。そんなの車でもバイクでも同じ。「安全はすべてに優先する」からこそ、必要とされる地震&浸水対策を講じ、早期再稼動へ向けた動きを活性化させることが、次の大事故を防ぐ方法だと思います。

gq1023 at 07:25│
エナジードリンクのバトルが熱い!私を鍛えてくれたレスポンス広告