ネーミングは「児童手当」で決定尖閣諸島について明確な立場を誰が示すことができるのか

2012年03月16日

原子力安全委員会 vs 原子力安全保安院

ここ数ヶ月責任のなすりつけ合いが活発な両者ですが、理由は簡単。両方を統合した組織が再編されるからです。そりゃあ主導権争いやりますわなあ。

昨日は原子力安全委員会がパンチを出しました。(http://www.nsc.go.jp/info/20120315.html)中身は平成18年のミーティングメモです。小会議の議事録ですな。

簡単に言うと、原子力安全委員会側が「IAEAの考え方を入れるかどうかの検討会をやります」と言ったところ、原子力安全保安院側が「社会的混乱を招くから凍結しろ」と言ったそうです。あくまでも原子力安全委員会側の言い分ですよ。

当たり前です。最初から一緒にやる組織なんです。どちらかが勝手にやって発表したら、研究会の言ってる中身と同じになって国民にメッセージとして伝わらない。勝手にワーキンググループをやるのはダメです。国として一つにならなきゃいけない部分なんです。

それよりもね、ドライベント前に半径3kmの住民しか避難させないなんておかしいでしょ。原子力安全委員会の人なら分かるでしょ。静岡茶の所まで飛んで行ってるじゃないですか。あれ、完全に委員会側の判断ミスですよ。

テレビ見ましたよね。「雨には絶対に濡れないでください。換気扇は切ってください。窓は完全に閉め、回りをテープなどで止めてください。外出はできるだけ避けてください。やむを得ず外出する場合は肌の露出を最小限にしてください。」って言ってたでしょ。だけど「避難しないで大丈夫」って、放置しただけじゃないんですか?

いったい、これに東京電力を入れた三つ巴の戦いは、どう決着を見せるのでしょう?

大量に被ばく者を出して、人が住めないような広大な場所を作り出しておいて、みんなで保身のための過去の資料探し出して「僕ちゃん悪くないもん」って言おうとしてるってのが、なかなか日本人らしくみみっちくて、私はこのやりとり結構好きです。

gq1023 at 08:55│
ネーミングは「児童手当」で決定尖閣諸島について明確な立場を誰が示すことができるのか