竹馬って担架になるんだよグリーの会員数は2億を超えている

2012年03月13日

入試って合格するのが目標?

大学入試って、合格するのが目標化してます。でも大学って何かを学びに行くところでしょ。大学の名前を買いに行くんじゃないでしょ。学びたい事があるから、特定の大学を目指して頑張るわけでしょ。

私が18歳の頃、大学or短大の進学率って男子は27%でした。高校を出たら働くってのが普通だったんです。ところが今は50%を超えてます。大学は行くのが普通の時代になってしまいました。

大学ってのは今や入学することが目的みたいになってます。企業の採用活動も、やっと専門課程がはじまった3回生のうちに終わっちゃう。大学で学ぶ専門的な知識には、企業側は何も期待してないわけです。

18歳から22歳って何でも吸収できる時代。人生にとってすっごく重要な時期を過ごす場所なんだから、合格を目標にするんじゃなくて、そこで学ぶ何かをめざして入学試験に取り組めるような社会づくりや、教育制度改革が必要なんじゃないかと思います。

大学は全入時代に突入してます。学校を選ばなければ、誰でも大学に入れる時代。別の言い方をすれば、学びたい事がしっかりある人なら、その学問を思いっきり学べる時代です。大学のブランドより大学で学ぶ知識に意識が変わるような日本になればと思ってます。

gq1023 at 07:33│
竹馬って担架になるんだよグリーの会員数は2億を超えている