なんで国会って審議入りしないの?PTAの役割と義務

2012年02月25日

税による過剰な国民接待

3594dd82.jpgこの写真は、名古屋国税局のホームページからダウンロードできる、中学生の公民用の教材「ハロータックス」の抜粋です。

申し訳ないんですが、どの国会議員も地方議員も国民も見て欲しいぐらい簡素に、税金の実情を表現してくれてます。

公立学校における教育費の税負担は、小学生で年間82万7千円。中学生で年間95万7千円。高校生で年間91万8千円です。こんなにかかるんですよ。考えられないでしょ。

小学生でね、1人月額約7万円ですよ。20人学級なら140万円。今すぐオレに学校経営やらせてくれたら、もっと低価格で学校運営やってあげますよ。

過疎の村とかにも、無理やり学校を残すからコストが上がるというだけじゃなく、まあ文部科学省の世界にも日教組とか教科書とかいろいろあるんですわ。そういえばMFJもありますねえ。

税による過剰な国民接待が横行する日本。骨折しても病院で支払うの3万円程度ですよ。アメリカだったら盲腸の手術で200万円です。

「風邪かも知れないから薬もらいに行っとこう」なんて病院行くの、日本人ぐらいですよ。カナダでも病院行きましたが、初診料が1万円はするんで、普通に2万円は覚悟です。薬代別でね。日本は、実質的に共産国家みたいになってるんですよ。

ただ、共産国家とちょっと違うのは、その金は次世代からの借金ってことです。北朝鮮に中国が後ろ盾についているのとは違うのです。私たちには後ろ盾はなく、子供や孫の世代にしらんぷりして押し付けているのです。

こんな簡単な教材で見ても分かる現実を、なんで無視し続けるんですかねえ。官僚たちの叫びが、この教科書から聞こえてくるような気がしました。

名古屋国税局「ハロータックス」
http://www.nta.go.jp/nagoya/shiraberu/gakushu/kyozai02/index.htm

gq1023 at 10:39│
なんで国会って審議入りしないの?PTAの役割と義務