駅ビル建設ブーム1年中採れる食べ物なんてない

2012年02月16日

公務員は何かやりたくてウズウズしているはずだ

ebfee287.jpg日本国憲法第15条2項「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」そういうことっす。全公務員は、採用された時にこれを学ばされ、宣誓します。宣誓して公務員になるのです。

その職務の執行には税金が投入されます。税収が赤字で宣誓が事実なら、公務員の給与は引き下げられてしかるべき。その論調も分からないではない。ただ、私自身はその意見には全く同意できません。

「安い官舎に住め、様々な福利厚生が用意され、絶対にクビにならない」のが公務員なのか、それとも「全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」のが公務員なのか。もちろん後者だし、当事者もそう思ってますよ。

国家公務員約94万5千人、地方公務員約304万2千人。約400万人と言えば、トヨタや日立といった大企業が10社集まっても届かないほどの雇用です。これほどの人数の英知を結集すれば、なんでもできそうに思えるのです。

私は、この公務員という全国に張り巡らされたネットワークの活性化こそが、この国の大成功への近道だと思ってます。そのためには、自由な行動を制限する法律の改正を、立法府である国会がやらなきゃダメですけどね。

うちなんて1人雇うだけで四苦八苦してますからね。

gq1023 at 09:01
駅ビル建設ブーム1年中採れる食べ物なんてない