頭が痛い・・・速いライダーが速い装備を独り占めするほうが良い

2012年02月10日

レース界にはどうして未収問題が多いのか?

レース界には昔から未収問題がつきまとっています。一番多いのはメカニックさんの人件費。「払うと言われたのにもらえなかった」という話しは枚挙にいとまがありません。

しかも、それを「ちょっと待って」って言ったまま次のシーズンに突入したりするから、余計たちが悪い。「ローン用紙に印鑑」押せば解決するし、「払えません、ごめんなさい」って言って無償サポートにしてもらって解決させればいいんですが、それもしてなかったりする。

もちろん誰も転倒すると思わずレース予算組みますから、そんな時にどこかで転倒しちゃうと予算に狂いが出てくる。予算が不足して来たらレースに出なきゃいんですが、無理をしてレースに出て、そこでまた転倒したりすると大変な事になっちゃう。

さらに、レーススポンサーから入ってくるはずの資金が入って来なかったりすると、どんどん追い詰められていくわけです。状況は良く分かります。

が、レースやってるバイク屋さんなんて小さい会社ばっかりですよ。社員数50人とか100人なんて会社じゃないでしょ。20万円の未収でも大事件です。100万円とかなったら、もう資金繰りすら無理ってレベルになっちゃう。

お店休んでサーキットでレースメカニックやってギャラ出ないなんてのは、死活問題なわけですよ。普通に店にいればパンク修理やバッテリー交換のお客さん来ますからね。

だからこそ、もう少し契約関係をしっかりして、最高峰の全日本ロードレース選手権では、そのような問題が発生しないような仕組みをつくったほうがいいんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 14:40│ バイクレース(含む8耐) 
頭が痛い・・・速いライダーが速い装備を独り占めするほうが良い