軽量級の大スター 一ノ瀬憲明選手ワークススペックのブレーキディスク発売

2012年01月29日

日本のグローバル企業は完全な海外シフト

fac政府は目覚めよ。オートバイは日本を代表する産業だったはずです。でも免許制度改革も駐輪場増強もやらず、完全にダメになってしまいました。

昨年8月、「ヤマハ発動機・国内専用250cc以上の二輪開発中止」という報道が出ました。今あるセローやSR400を造り続けるだけに徹するわけです。ヤマハ・インドネシア工場が400万台生産を目指している中、磐田本社工場での生産台数は20万台をはるかに下回っています。

21日のホンダ発表は「国内唯一の二輪車生産拠点である熊本県・熊本製作所の一部社員を、四輪工場の三重県・鈴鹿製作所など他の国内工場に配置転換する方針」でした。浜松工場での二輪製造撤退から3年で、熊本からも撤退なのでしょうか?生産能力50万台に対して、生産は稼働率40%以下の19万台です。

ホンダのバイク生産を例に挙げると、インド400万台/年、インドネシア350万台/年、中国(広州+上海)200万台/年、タイ150万台/年、ベトナム150万台/年、ブラジル150万台/年、パキスタン60万台/年、フィリピン50万台/年、マレーシア30万台/年、イタリア17万台/年、アルゼンチン10万台/年、ペルー2.5万台/年、ナイジェリア2万台/年です。

これ、バイクの世界はまだましなんですよ。家電なんてどうです?中国製・ベトナム製・タイ製・韓国製だらけでしょ。分かってますか?他の産業もそうなんですよ。

バイクでおきたことは車でもおきます。工場が移転するということは、プチプチ・発泡スチロール・ダンボール等を製造する仕事もなくなるってことです。それを食い止める努力をしなければ、流出は止まらない。

沈みかけたゴムボートに穴の開いたビニール袋。そのボートに水が入ってきたとします。穴の開いた袋でも、一生懸命頑張ればいくらかでも水はかき出せますよね。でも、ゴムボートの横に水が入ってないゴムボートが横付けされてたら、そっちに乗りますよねえ。

今はね、沈みかけた大型フェリー日本丸の横に、超大型豪華船アジア号がいるような状態。政府はそろそろ気がつけよ!って思ってます。

gq1023 at 08:45│
軽量級の大スター 一ノ瀬憲明選手ワークススペックのブレーキディスク発売