モトバム2012 発進!1994年モナコ以降F1は死亡事故ゼロ

2012年01月27日

ヨーロッパの免許制度改革

ncしばらく金融危機で大騒ぎだったEUですが、バイク業界では大きな構造改革が行われました。それが免許制度の統一です。

日本のバイク免許区分は排気量になってますが、EUの区分は出力が基本。AM免許は50cc未満で最高時速45km/h。A1免許は125cc未満で出力が11Kwまで。A2免許は出力が35kwまで、出力無制限はA免許となることになりました。

しかもA免許取得から2年間は原則として出力25kw以下の車両までとされ、年齢や交通違反回数等によっても、25kw以下の縛りが出てきます。

今度ホンダから発売されるNC700はまさにこの免許改革対策。本来の出力は38.1kwですが、ちゃんとヨーロッパには35kw仕様が用意されてます。まあ馬力で言うと50馬力程度ですから、最高速付近ではすごく非力なバイクです。

ただ、最高速って一般道で使わないんですよ。だから大切なのはトルク。6.2kgm/4750rpmだそうです。CB750が6.5kgm/7,500rpmだったから、トルクは同等だけどより低回転から出てくることが分かります。スイスイ走るけどキーンとは走らないバイク、私向きです。

オートバイというのは、免許制度によって出てくる種類が大きく変わります。今年はこの35kw未満狙いのバイクがどんどん登場するのかも知れませんね。

ただし日本では、世界でも珍しい排気量別の免許制度となっているので、NC700シリーズは670ccですから大型二輪免許がないと乗れません。こんな所ぐらいグローバル化して欲しいのですがねえ。

gq1023 at 10:47
モトバム2012 発進!1994年モナコ以降F1は死亡事故ゼロ