政治主導ってのは議事録つけないって事かい?パーティーの人たちがダイエットしてる

2012年01月25日

議員報酬について怒ってるのではなく呆れているのだ

2b3a64ed.jpg国会議員の月収は約130万円。歳費手当(ボーナス)が年間約700万円。文書通信交通費が月100万円。年間で3400万円以上となります。

さらに国費で秘書給与も出る。公設秘書は公設第一秘書・公設第二秘書・政策担当秘書の3人分が支給され、これが2300万円ぐらい。立法調査費は約800万円、政党に属していれば政党助成金もあるし、海外視察費も出る。もちろん議員会館の事務所家賃と議員宿舎はタダ。JR全線無料パスももらえる。ヒラの議員でざっと7千万円です。

さらに委員会の役職とかつくんで、別の手当ても入る。大した収入ですよ。これって政治献金は別ですからね。これ以外に数千万円の献金があるわけです。

都議会議員も同じようなもん。年収は約1800万円で政務調査費720万円。さらに海外視察費用も150万円。なんだかんだで3千万円かかります。

区議会議員も品川区を例にとると年収約1000万円。政務調査費が約220万円。海外調査費と年金補助で約200万円の約1千5百万円ぐらいかかってます。

そしてすごいのは費用弁償。東京都議会議員と23区の区議会議員は、議員報酬とは別で議会や委員会に出た場合、お金が出るんです。品川区では1日6千円。都議会議員は1日1万円以上出るんですよ。なんで収入以外に手当て出るねん?って感じです。

これ、ぜーんぶヒラ議員の話しですよ。役職がついたらもっと上がる。そりゃあ職業議員が出てくるわけです。議員であることが重要で、議員としての仕事には興味がないって人。出てくるなって言うほうが難しいですよね。

国会なんて寝ててもいいし、無断欠席も自由だし、会議場は国会中でも自由に出入りできる。会社の会議だったら怒鳴られますよ。正直言って怒るどころか呆れてます。

gq1023 at 09:34
政治主導ってのは議事録つけないって事かい?パーティーの人たちがダイエットしてる