この原発事故の責任は国にあるなぜ民主党が選ばれたのか?

2011年12月27日

契約社員・派遣社員の大量解雇がはじまるぞ!!

どうも厚生労働省と国会議員は「雇用」の意味を分かってないようです。これまで何度も有期雇用(契約社員・派遣社員)制度の改革が行われましたが、そのたびに企業は抜け道を探して来ました。良い人は長く使いたいですが、正規雇用にはできない。それが大前提だったからです。

次の通常国会に「有期雇用の上限は5年」とする法案が出されるそうです。5年を超えると「無期雇用=正社員」にしなければいけなくなります。

現在、労働基準法で認められている1契約で働ける有期雇用契約期間の上限は3年。ですから、優秀な有期雇用スタッフについては、派遣社員で3年雇ってから契約社員で5年雇うみたいなのが非常に多い。まあ、25歳の人も8年使えば33歳ですんで、その辺で就職口探してよって形で放出するわけです。

これができなくなりそうな雲行きです。まだ法案の全容が分かりませんが「一定の勤務先に5年で無期雇用の権利発生」なんてなってたら、派遣社員で3年雇って、契約社員2年目の有期雇用スタッフがいたら、すぐにでも辞めさせないといけません。

5年契約の場合なら、4年と30日で契約満了にしなきゃいけない。まあ、今の企業の大半は、派遣社員は3ヶ月毎更新、契約社員も1年更新にしてるので、早々のうちに契約打ち切りって事にも発展し兼ねません。

よくまあこんな事を次から次へと思いつきますねえ。企業に人を雇いたいと思わせるのなら、経営者が従業員をいつでも解雇できるように法整備するべきなんですがねえ。

労働者だって経営者にシブシブ雇われるより、信頼されて期待されて働くほうがためになる。そのためには、合わない会社に無理やり居座ったり雇い続けてもらうより、いい会社との出会いを探すほうが良いのになあと感じてます。

gq1023 at 08:52
この原発事故の責任は国にあるなぜ民主党が選ばれたのか?