ラグビー全国大学選手権契約社員・派遣社員の大量解雇がはじまるぞ!!

2011年12月27日

この原発事故の責任は国にある

福島第一の事故責任については、私は当初から国にあると言ってきてます。その理由は単純で、原発推進は国策だったからです。これは決して東京電力が積極的に推進したものではありません。日本は使用済み核燃料を大量保有したかったのです。

使用済み核燃料は核兵器の原料になるため、大量保有は認められません。唯一の例外は日本です。日本は核兵器は持っていないと言っていますが、アメリカ軍が日本に大量の核兵器を持ち込んでおり、さらに核兵器の原料と核弾頭搭載可能兵器も持っているのです。

まず最初の電源喪失は地震でおきました。受電用の夜の森線の鉄塔が倒れたのです。しかし、他に受電施設は5系統あって、1系統は東北電力から来ていました。1系統が工事中だったので残りは4系統。これが全部止まるのですから、大震災の凄さが分かります。

次の問題は津波により非常用電源を喪失して発生しました。この時点で施設内には大量に海水が残りガレキが散乱。電源車も施設に横付けできなくなりました。そして原発内で死者も発生。原発内で死者ですから、すでに未曾有の大事故です。

5・6号機の非常用ディーゼル発電機から電源を引くこともできないほどの散乱。ココまでで、すでに数時間のうちに電源を確保することはできなかったわけで、その数時間のうちにメルトダウンは確実となり、メルトスルーも発生したわけです。

東京電力が指摘した巨大津波の可能性について、これを否定したのは国です。事故の情報を的確に流さなかったのは首相官邸でした。でも情報は漏れ続けた。だってステーションブラックアウトを知って帰らされた原発労働者が何人もいたからです。

原発事故は天災によって発生しました。その後の対応の遅れは人災です。しかし、その対応を人災と認定されるべき人々が、その事故調査をおこなっています。その人々が、しっかりと自分を批判することができるのでしょうか?

これから100年も背負い続けなければいけない大事故と大量被ばくを、闇から闇に葬り去るのが国だとしたら、人々はどうやって真実を知れば良いのでしょうか?そして、どのようにこの経験を改善に生かせば良いのでしょうか?

今だに責任が東京電力にあるかのように言い続ける政府の姿勢に、非常に違和感を感じています。

gq1023 at 08:22│
ラグビー全国大学選手権契約社員・派遣社員の大量解雇がはじまるぞ!!