六本木はラブがあふれてるレーススポンサーの営業活動をやって感じること

2011年12月25日

「マンガ金正恩入門」ですって

fadd014d.jpgまあ、世の中にはいろんな商売がありますが、金正恩氏をマンガで紹介してくれてるようです。世界中で「ベールに包まれたジョンウン」って言ってる時に、日本はマンガですよ。すばらしい国です。

まあ、東アジアで唯一近代化に乗り遅れた国ですので、新しい将軍様が普通に活動すれば、少しまともな国になる可能性はあります。今の中国がまさにそうで、今やっと普通の国になる途についたばかりですが、まだ初期の段階ですらバブルの様相です。

食べ物が普通に手に入るようになるだけで「偉大なる将軍様」になれるわけですから、国家運営は簡単そうですが、パソコンのOSですらリナックスベースのレッドスターってのを独自開発しちゃう国なので、どこからどう進むかが予測できません。

ずーっとスイスに住んでいたそうで、外国語は堪能なようです。北朝鮮は携帯電話の普及が十分な所まで来ているので、これからはスマホですね。こちらもOSを独自開発するのでしょうか?

まずは、市場経済の導入ですが、それによって皆がバイクや車を買えるようになるぐらいまで成長すれば、だいぶ今の状況から良くなることでしょう。お隣の韓国・中国はF1まで開催してますから、北朝鮮ラウンドができてもおかしくないですからね。

まずはアマゾンで、この本の評判が出揃ってから、買うかどうかを決めたいと思います。

gq1023 at 08:51│
六本木はラブがあふれてるレーススポンサーの営業活動をやって感じること