少子高齢化なのに高齢者優遇って事の意味は?人生は成功しているように見える人が成功者とは限らない

2011年12月18日

昨夜はモトバム忘年会

昨夜はモトバムというバイク屋さんの忘年会でした。数年前からおつきいをさせてもらってるんですが、ここにはモトバムという業販卸しメーカーの顔と、普通のバイク屋の顔に、レーシングチームの顔があって、昨夜はレーシングチームの会でした。

私は僭越ながら昔から美人社長で有名なヤスコさんの前に座らせていただく光栄に恵まれ、諸先輩方のお話しや、元社員の方のお話しをたっぷり聞かせていただきました。

まあ、お話しは緊張の連続で「ジュンゾウがね」とか「フジイはね」みたいな話しの連続でして、レース業界の重鎮の皆様方との様々なエピソードを聞きつつ、相変わらずレースに熱いモトバムを実感いたしました。

要約すると、MFJもサーキットもチーム関係者も、みーんな旧知の仲。でも絶対に便宜を図れとは言わない。お金持ちもビンボー人も値段は一緒。お客様に上下はつくらない。創業から30年間レースのおかげでずーっとビンボーである。ということでした。

ただ、印象深かったのは「みんなイイヤツなんだよねえ。本当イイヤツに恵まれてるんだよねえ。」って部分でした。これ何回聞いたかなあ?たぶん20回は聞きましたよ。

来年もレースやるそうです。一言も「来年もお願いします」なんて言われませんでした。「お金返さないとダメだと思ってる」まで言われました。いやーありがとうございます。こちらは名前を売っていただき、ジュウブン元をとってます。来年も頑張らせてもらいたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。



gq1023 at 08:18│ バイクレース(含む8耐) 
少子高齢化なのに高齢者優遇って事の意味は?人生は成功しているように見える人が成功者とは限らない