コンビニ店員が新車のアウディでやって来る渋谷の石垣牛ハンバーグ店

2011年11月27日

日本の国債金利があがると住宅ローンは?

じつは国債金利と住宅ローンは密接につながっています。35年ローンについては、10年物国債が大きな指標となっていて、この金利上昇は直ちに住宅ローン金利の上昇につながります。

例えば3千万円をボーナスゼロの35年ローンで支払う場合、年利2.5%だと月々の支払いは107,248円です。では、年利が1%上昇するといくらになるでしょう?
正解は123,987円。1.6万円以上も変わってくるのです。

今のユーロ危機が日本に波及して、国債金利が4%ほどまで上昇すると、住宅金利は6.5%ぐらいまで上昇するかも知れません、そうすると月々の支払いはいくらになるでしょう?なんと181,246円にまで上がります。うへー、払えませんよねえ。

さあ、早いうちに35年ローンの方は固定金利にしちゃいましょう。SBIの借り換えローンなんて年利2.2%ですからね。自分の生活を守るためにできる、せめてもの防御策。それが今必要とされていることではないでしょうか?

gq1023 at 08:28
コンビニ店員が新車のアウディでやって来る渋谷の石垣牛ハンバーグ店