大王製紙の井川前会長の「お詫び文書」について三種の神器「タクシー・ブラックベリー・外国語」

2011年11月24日

コンビニ店をやろうと思う方にアドバイス

4cefb900.jpgコンビニ店ってありますよね。あれってお店ごとにオーナーが違うんですが、優秀なオーナーは、1店舗やってノウハウやコツをつかむと、あとはどんどん出店します。ですから複数店舗オーナーってのが多くなる。

でも、逆に1店舗目でヘロヘロになって、店もボロボロになって看板取り上げられるオーナーさんもいます。安易な脱サラでコンビニはじめた人は、「本部が指導してくれない」とか「最初と話しが違う」なんて言って、裁判起こしたりもしてます。

そこで、コンビニ店をやろうと思う方にアドバイスです。コンビニって24時間年中無休営業です。そのお店、店員やろうと思います?24時間365日スタッフを確保できると思います?思うならはじめて大丈夫。思わないなら、やめたほうがいいです。

昔、私もオーナーになろうと思っている方にセミナーをしたことがあるのですが、そこでも必ず言ってたのは、「あなたとあなたの周囲の人々で24時間365日営業を最低3年続ける覚悟はおありですか?」ってコトでした。

オーナーになると、入浴・睡眠・食事以外の時間は全て店舗運営に取られます。食事は全て店舗の廃棄商品。コンビニ商品は粗利50%は越えてますが、本部が半分以上もって行きますので、必死に働いて残るのは粗利の半分以下。つまり25%以下です。

だからって、利益率25%って考えちゃダメです。廃棄分は誰が払うか?これオーナー側です。定価500円の弁当を10個仕入れて3個余ったとしましょう。7個分のオーナー粗利は25%の875円。廃棄分3個の仕入れ原価は1125円。250円の赤字です!

簡単な算数なんですが、分かってない人が多いんですよねえ。利益率25%なら8割売らないと赤字。いや、8割売っても光熱費や家賃の時点で赤字でしょう。人件費払うには95%は売り切らないといけない。それが現実です。

とはいえ、平均日販で15万売れて20%手元に残ったら1日3万。30日なら90万円だから、家賃30万円にバイト代と光熱費払っても35万円ぐらいは残りそうです。日販を20万にすれば30万円上乗せです。5店舗持てば月収数百万にはなる商売です。

友人に、本気で考えてるヤツがいるので、ちょっと参考までに書いてみました。なかなか商売を成功させるのは大変だというお話しでした。

gq1023 at 05:25
大王製紙の井川前会長の「お詫び文書」について三種の神器「タクシー・ブラックベリー・外国語」