強制より怖い自由米価維持のための減反は何だったのか?

2011年11月13日

デイサービスの送迎車で死亡事故

とうとう発生してしまいました。以下は報道の文面です。「昨日午後4時25分ごろ、埼玉県戸田市美女木3の市道で、高齢者介護施設の普通乗用車が対向車線にはみ出し、走ってきたトラックと正面衝突した。乗用車に乗っていた施設利用者の同市美女木1、無職、大津ツギ子さん(72)が搬送先の病院で出血性ショックで死亡…」だそうです。

自宅の近所にも沢山のデイサービス送迎車が走ってますが、へこんでたり傷の入っている物が多い。電柱やポストへの接触は2回見たし、先週見たのは、後ろに車がいるのにバックして後続車の前面にめり込んでました。コツンと当たったら止まれっちゅーねん。

このデイサービスの送迎車って白ナンバーです。ドライバーは二種免許を持つことなく運転業務に携わることができます。

しかし、それらに使用されるハイエースのサイズは、グランドキャビンだと全長5m38cm、幅は1m88cmもある。レクサス最大の車種であるLSより長く幅広い。それでいて、高さは2m28cmもあって、運転は大変なわけですよ。

それがヘルパーの資格を持ってるだけの若者の手にゆだねられて、毎日送迎に使われてるんです。いくらなんでも危ないでしょ。今回死亡事故をおこしたドライバーは26歳でした。まだまだ若いんですよ。

全国で無資格ドライバーによる送迎サービスが毎日おこなわれています。自宅に迎えに行って、終わったら自宅まで送り届けるのがサービスに入っているのに、その運転資格は業務用でなくてもよい。どうも腑に落ちないのです。

ヘルパー資格者向け運転講習会とか義務付けたほうがいいんじゃないですか?本来なら、二種免許を持たない者が送迎しちゃいけないってのが普通ですよ。でも急にはできないから、そのための措置。今日も普通のドライバーによる送迎サービスが行われています。こわ〜い…。

gq1023 at 05:29│
強制より怖い自由米価維持のための減反は何だったのか?