現金が島外にたれ流されている件天然記念物が道端をお散歩中。いいね石垣島!

2011年11月06日

日本がインドネシアと肩を並べる日

アメリカが世界経済No.1の地位から落ちることが確実視されている現在、日本はどうあるべきなのでしょうか?

つい先日まで日本は、世界No.2の経済大国であると言っていました。しかし、現実にはとっくにNo.2の座から滑り落ちていて、中国がNo.2であることを認めました。

その中国は少子高齢化で、これから先の成長に鈍化が見られることも分かっています。とはいえ数年のうちにアメリカを超えることは確実ですがね。

では10年後のトップに立つ国はどこでしょう?それはインドです。ついこの間までイギリスに占領されてましたから英語を話せる層が元々多い。そして少子高齢化は全くありません。人口でも中国を抜くことが確実です。

では日本はどうなるかというと、10年以内にインドネシアと肩を並べる所まで落ちるといわれています。10年ですよ、今10歳の子供が20歳になる時には、アジアの小国にまで成り下がるのです。

それも、日本の大企業が本社を日本に残し続けたと仮定した場合であって、ドラスティックに本社移転や生産移転を進めれば、もっと経済状況は悪化します。

人口は減り、経済は縮小し、老人が増える。これが意味していることは何なんでしょう。インドや中国から経済支援を受けて行くのでしょうか?それとも、それらの国々に何かを売っていくのでしょうか?選ぶべき道は後者だと思うのです。

もうアメリカやヨーロッパはダメだということは、国際舞台での姿を見れば分かりますよね。記念撮影で気丈に振舞う姿は裸の王様を地で行くようなもんです。BRICSやASEANの首脳のほうが自信に満ち溢れてる。

アメリカの失業率は州によっては20%近くに達している。アメリカに追随すれば、いずれ日本もそうなる可能性があるわけです。先進国失業率10%時代の到来は、数年前から予測されてました。TPP反対なんて言ってるうちに、日本がアジア内での交渉権を喪失すれば、もっと悪化するんじゃないでしょうか。

安いコメが入ってくれば日本の農業は崩壊するって本当ですか?とっくに崩壊してて、補助金・交付金・所得保障頼みなんじゃないんですか?

いまだに「バブル景気の…」なんて言ってますが、あれ20年以上も前の話しです。今は10年後ですら危ないって時なのに、国会議員の半数以上まで必死になって保護貿易って話しをしてるのを見て、「ノン気でいいねえ」って感じてます。

自国の産業を保護するには、まず交渉権を獲得することであって、TPPの交渉に参加しないことは丸裸で自由貿易の市場に投げ込まれることであるのを、もっと官僚が(分かってるんだから)議員らに伝えるべきなんですがねえ。

政治主導って言葉のおかげで、官僚はサボタージュを決め込んでる。旧与党の大物達も「次の選挙でひっくり返ったら自由にやらしてやるから、今は何もするな!」なーんて言ってるわけですよ。なんだかなあ…。

そのへんのオッサンである私には、難しすぎてよく分かりませんので、今日も1日石垣島で、おもいっきり遊びたいと思います。

gq1023 at 03:11
現金が島外にたれ流されている件天然記念物が道端をお散歩中。いいね石垣島!