大王製紙ってアホちゃうか?中日球団社長の不可解な動きが逆転優勝を生み出した!?

2011年10月19日

出ましたドコモの第四世代スマートフォン

2499d3b9.jpg来年発売と言われていた第四世代スマートフォン。ドコモが前倒しして来ました。置くだけ充電にテザリングに高速通信。今まではドコモスマートフォンと呼ばれていた名称も、ネクストシリーズとウイズシリーズの2ライン化しました。

対する既存の形の携帯電話はスマート・プロ・プライムのシリーズが消滅しました。売り場の装飾を変えないといけません。大規模な変更です。

まだ14機種のうち第四世代スマートフォンは限られた機種だけですが、間違いなくこの種のスマートフォンが主流になります。来年ドコモの通信速度はXiの普及でものすごく上がるので、会社でスマートフォンを使ってるビジネスユーザーは、一気にドコモに流れるはずです。

またもや体力勝負となって来た携帯電話キャリア戦争。ドコモとauは既存基地局に新しいアンテナを設置するだけで高速化できますが、ソフトバンクは基地局自体が足りてないので、大規模投資が不可欠です。今だにスペックが弱いので電話かけるとプププって時間つぶしやってますからね。

さあ、来年のスマホン戦争を予感させる新機種発表でした。来春モデルの登場を楽しみに待ちましょう。

gq1023 at 07:41│
大王製紙ってアホちゃうか?中日球団社長の不可解な動きが逆転優勝を生み出した!?