さあまた月末の決済日ですユニクロの国内既存店売上がマイナスに

2011年09月30日

日本の英語教育は間違っている

日本人はなぜか英語が話せません。中学&高校で6年間も習ってるんだから、話せて当たり前なのに話せない。これは英語教育が間違っているからです。

私が英語を覚えたのは学校教育ではなく、歌でした。まず覚えたのがビートルズのレットイットビー。そこからエアサプライ、ポリス、トト、ジャーニー、デュランデュラン…と進んで行きました。

当時の海外アーティストのレコードには国内正規盤と輸入盤があり、同じ内容でも輸入盤の方が少し安かったのですが、残念ながら国内正規盤に入っている歌詞が入ってない。だからヒアリングして文字おこししてました。

これが勉強になるのですよ。しかも間違うから余計勉強になる。しかも現代語だから、学校の古典英語よりよっぽど使える。そうやって英語を覚えたもんでした。

なんですかねえローマ字って?あれが英語を話せなくする最大の原因ですよ。伊達ってDATEって書くんですよ。どう読んだってデートでしょ。井上ってINOUEですよ、こんなの英語の常識ならアイノウとしか読めません。

IKEAをイケアって呼ばせてますからね、これだって本当はアイケア(≒I care)です。自分で運んで自分で組み立てることを連想させたワードなんですがねえ…。

国会には、こんな当たり前のことから改善して欲しいのですが、相変わらず「お前は嫌い」「お前はバカ」って話しばっかりやってます。これが真の国際化をめざすアジアの最先進国の姿だってことに驚きます。

香港、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インド…なんて英語を母国語とする国に統治されていた国々がアジアには沢山あり、それらの国では英語は当たり前の言語です。TPP加盟論議の参加すら決断できない日本に、それらの国に勝ち続けられる理由はあるのでしょうか?

私のような街のオッサンが心配していることを、国会議員が気にも留めてない事に、非常に危機感を覚えています。

gq1023 at 08:33
さあまた月末の決済日ですユニクロの国内既存店売上がマイナスに