民主党のマニフェストは何だったのか?藤倉パラシュート

2011年09月27日

省線・国電・E電・そして今

c7b47592.jpg「E電」ってご存知ですか?山手線・京浜東北線・中央線等の、東京近郊区間を走る近郊電車の総称で、国鉄時代は「国電」って呼ばれたものを、JRに変わったことなんでE電と呼びましょうってやってました。

それも大々的に公募を受け付けて、有名人達による選考委員会が結成されて、小林亜星氏によって堂々と発表されたんです。

「国電からE電へ」ってポスターも山ほど貼られ、各駅の表示も全部変えられ、車両にもヘッドマークが取り付けられ、徹底した周知キャンペーンが行われました。

ところが全く普及せず死語に。記憶では、ものの3か月で死語化してたような気がします。この写真は最後まで残っていたJR蒲田駅のサイン。先日の駅改装工事で取り外されてしまいました。

今この電車って何て呼ばれてるんですかねえ。そして、あの大々的キャンペーンをやった人達は何処に行ったんですかねえ?きっと誰も(失敗したから)口にしないだけで、身近な人たちがやったんだろうと推測してます。

われわれ広告業界の人たちは、成功事例はまるで自分一人でやったかのように言うのですが、失敗事例は全く口にしないんですよねえ。もちろん私もです。

そこで提案。私なら「T電」を提案いたします。「TokyoのT」「TerminalのT」「TrainのT」だから「T電」なのです!

あー、相変わらずこんなことばっかりやってます。広告に正解と間違いがなくて良かったと思ってます。今日もそんなことを頑張ります。

gq1023 at 06:39│
民主党のマニフェストは何だったのか?藤倉パラシュート