ガソリンカードがない!セクハラって限界があるわなあ

2011年08月26日

バーナンキが何を言ったらどうなるのか?

561b8dcb.jpg今日は運命の日と言われていて、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が講演会をやるのですが、その中で景気刺激策を打ち出さないと、大変なことになるって言われてます。ただね、それがどんな大変なことになるかが誰にも分からないのですよ。

円相場は、1ドル=76円に入れば日銀が介入して来て79円ぐらいまで戻すだろうとの観測でした。だから日本人にはドルを買いまくった人も多かったのですが、介入がなかったので、来週になれば自然と値を戻す動きになって80円ぐらいになることでしょう。短期で稼ごうと思った人には、一週間現金をドルで寝かせるという無駄な動きになっちゃいました。

市場は、バーナンキ議長が今日の講演で追加緩和策を出すと思ってます。でも、私はどんな緩和策も意味がないと踏んでます。なぜなら、アメリカやヨーロッパに景気を上押しする理由がないからです。

ドル&ユーロは、様々な金融商品によって必要以上に価値が上がってしまいました。実際に流通しているお金の何倍もの金融商品が取引されていて、それでITバブル後のリセッション局面を乗り切って来ましたが、そんなのまやかしですからねえ。

とくにアメリカは、一般の人々がクレジットカードで支払っては金利だけ返済するという滅茶苦茶な方式で、経済を浮揚させて来ました。

それが限界に達した時、その手法は不動産に波及し、2千万円で買った家の値打ちが3千万円になると、売らなくても1千万円のプレミアム分を現金で借りられる仕組みが登場しました。だから家とクレジットの両方で、実際に返済できる額の何倍も借金してる人がいます。

どこかでドッカーンとリセッション入れたほうがいいですけどねえ。そうしないと、バブル崩壊後の日本みたいになっちゃうと思うんですよねえ。バーナンキさんが何か言うまで今日はなんにもやらんことにしょう!

gq1023 at 06:46│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ガソリンカードがない!セクハラって限界があるわなあ