視聴率が下がれば自然と消される出演者10月1日より都内でアドトラック規制開始

2011年08月24日

桜木町からみなとみらいへの動線広告

24119c2f.jpg今日は珍しくお仕事情報です。じつは、横浜市の中でもみなとみらい21地区は広告の規制が非常に厳しく、自由に看板やバナーを設置できません。

ってなわけで、皆さんこの地域を最初からあきらめているのですが、じつは、JR桜木町駅からみなとみらい地区へ向かう最大の動線「空中通路」は、驚いたことに広告として普通に販売されてます。

「みなとみらい21地区街路灯フラッグ・バナー(横断幕)」という名前で、パシフィコ横浜さんが、販売の窓口をやってます。

以前は展示会などでパシフィコ横浜を利用しているパブリックイベントの告知に限定されていたのですが、今や単純に広告としての出稿もできます。ちょっと情報までにブログにあげてみました。

ちなみにお問い合わせは以下へお願いいたします。

パシフィコ横浜 事業部 フラッグ・横断幕担当
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
TEL:045-221-2124 FAX:045-221-2136

gq1023 at 11:18│
視聴率が下がれば自然と消される出演者10月1日より都内でアドトラック規制開始