新宿伊勢丹の大沖縄展鈴鹿へ

2011年07月28日

南三陸町からのお礼状

6d183385.jpg南三陸町から、救援物資や炊き出しのお礼状が届きました。まだまだ復旧へ向けて大変な時期だというのに、多大なるお気遣いをいただき申し訳ない気持ちになると同時に、一期一会という言葉の意味を改めて感じました。

最初に避難場になっていたベイサイドアリーナにいった時は、さすがに唖然としました。いくら救援物資を運んで言ったとはいえ、2千人以上もの避難民に埋め尽くされた現場は、あまりにも凄すぎました。持って行った資材ではどうにもならない。だから、志津川小学校へお届けに行きました。

町がほぼ全滅してる上に、何も物が足りない中、皆さんは気丈に平静を保たれ、避難所のルールを構築しようとがんばっておられました。

これからも、無理しない程度でできる限りの支援をさせていただきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。がんばろう日本!


gq1023 at 07:01│

この記事へのコメント

1. Posted by 履歴書の封筒の書き方   2011年12月06日 13:17
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2. Posted by Hippo   2011年12月07日 05:42
> 履歴書の封筒の書き方さん

コメントをありがとうございます。当時を思い返すと、あまりにも多すぎる避難所の人数に驚き、あまりにも足りないガソリンにも驚き、ユンボでやれば一発で終わる作業を人海戦術でやってる姿に驚いていました。

先日の菅生のレースでは、当時の被災地も巡りましたが、徐々に復興へ向けて動き出しているのが感じられました。これからも細々とではありますが、継続して応援していきたいと思います。
新宿伊勢丹の大沖縄展鈴鹿へ