TBSサカス「紳助社長のプロデュース大作戦!」ブースレーススポンサー激減の現実

2011年07月25日

中国の新幹線事故

3f2dbeba.jpg中国の新幹線「和諧号」の事故。まだ全容は全く分かりませんが、CRH1BにCRH2Eが追突したようです。追突した方の3両は飛び上がって、追突された方の後ろ2両の上でバウンドしてから高架の下に転落してしまいました。

ただね、高速鉄道ですからね、ATC(自動列車制御装置)があるはずじゃないですか。ということは、追突したってことは、ATCがなかったか壊れてたってことになるのです。

ボンバルディアのReginaに、カワサキのE2が衝突したわけでしょ。そんな事あり得ないですよねえ。仕組みも違うし制御技術も違う車両が同じ線路を走ってる。しかも、乗務員も保守要員も初心者ばかり。危ないに決まってるのです。

保安システムもセットじゃなきゃダメだって日本側が言ってたのに、車両技術だけ利用して、全く考慮されてない欧州型のシステム搭載したんですよね。完全に中国側のミスですよ。

まあ中国のことですから、あっという間に事故車両は取り除かれて、人海戦術で復旧されちゃうのですが、中国の鉄道も安全ってのを考えるようになって欲しいですねえ。昔から思ってることなんですがね。

それにしても、追突ってあり得るんですか?ポイント故障とかじゃなく、後ろから追突しちゃう高速鉄道って、さすがに怖くて乗れません…。落ちた3両の撤去方法も凄いですよねえ。1両目は土に埋めちゃいまして、高架からぶら下がってた1両は、地面に突き落としてましたよ。現場検証や原因究明は絶対にできません。いやー凄い!

gq1023 at 04:06
TBSサカス「紳助社長のプロデュース大作戦!」ブースレーススポンサー激減の現実