「お金持ちになりたい」って何?言葉一つでこうも変わる

2011年07月11日

私は年齢的にはトレンドリーダーだと思ってる

tzr250re人口のボリュームゾーンは団塊の世代と団塊Jr.世代です。つまり60歳から65歳と、40歳前後にピークがあるってことです。

団塊の世代はどんどん退職して年金暮らしになるから、安いお金で年寄り同士が集まってワイワイ賑わえる場所が当たる。お国から支給されるお金ですから、月々1万円とか言っても、ちゃんと払えます。会社を退職したら友達もいなくなるので、賑わい広場みたいなのは当たるはずです。

それに対する団塊Jr.世代は、高卒で就職してたらバブル世代。大卒だったらバブル崩壊後世代です。まだ大学進学率が30%以下の時代なので、大半が就職直後が一番幸せで、その後は苦労の連続。やりたかった夢の積み残しがいっぱいある世代です。

かくいう私はというと、団塊Jr.世代の少し上の40台中盤。だから、80年代後半は詳しいんだけど、その後90年前後に4年近くもカナダに行っちゃったので、バブル期を知りません。だから、バブル期を知識として勉強しました。

そこで分かったこと。それは「私のやりたいことは流行る」ってことです。バブル前の日本では、普通の生活してる20歳前後の野郎には、バイクレースやるなんてできなかったし、本物のギブソンのレスポールを買うなんてできなかった。

でも、バブル期を体験してる人は、そんな年代の時に、周囲にそんなの全部手に入れてる人がいたわけです。だから今も憧れとして残ってる。きっと、今も時間とお金があれば、やってみたいって思ってるはずです。

例えば、バイカーズカフェって、中古買い取り専門店と提携して、毎月80年代の人気バイクを展示して、それを見ながらお茶が飲めるお店をやる。夜はお酒を出して、プロントのような二毛作営業します。きっと流行りますよー。「あー初期型ガンマ!」みたいな店。マスターが「来月はCB750Fですよ」なんて言ってる。

流行っても大金持ちは狙えないかもしれないけど、楽しそうでしょ。年齢的には40歳中盤になっちゃったけど、そういう意味では、私はトレンドリーダーの年代だと、勝手に自分のことを思ってます。やりますかねえ、お店。置きますかねえファミコン。

gq1023 at 06:36
「お金持ちになりたい」って何?言葉一つでこうも変わる