人生初姓名判断店舗の内外装壁面塗装完了

2011年06月28日

誰のための内閣改造なんだ!?

今日は民主党の両院議員総会。民主党の全国会議員が集まって、意見を出し合う場です。前回の参院選敗退直後に行われる予定でしたが、ひたすら延期され続け、この6月にも一度は実施が決まった日程を今日まで延期し続けました。

その前夜の内閣改造。「辞めろ」といい続ける幹事長と国会対策委員長をそのままにして、原発担当大臣に細野豪志氏を、復興大臣は松本龍氏が専任となり、兼務だった環境大臣を江田五月法務大臣が兼務することになりました。

これによって追放されたのが馬淵澄夫氏。蓮舫大臣が退任となって首相補佐官になり、国民新党の亀井代表も首相補佐官になったので、結局補佐官の上限5名を超えたので、馬淵氏は辞任となっちゃいました。しかも、自民党の浜田和幸氏が総務政務官就任するという爆弾付き人事でした。

これ、何のためだと思います?多くの新聞記者は分かってないようですが、私には分かります。連立を組んでいるパートナーは国民新党だからです。

幹事長と国対委員長は、ひたすら自民&公明とだけ向き合ってますが、本来のパートナーに何の報告もしてないのです。そりゃ、おかしいじゃないですか。

国民新党に約束した郵政見直し法案ってどうなりましたっけ?幹事長兼国対委員長の下地氏って沖縄ですよ。尖閣問題と普天間問題はどうしましたっけ?未曾有の災害が来たら、安全保障問題は放置or無視ですか?それでいいわけないですよねえ。だから改造したんだと思います。

党内は多数派工作に必死で、総理大臣に何の報告もなく勝手に自民&公明と話しをして退任時期まで決めてくる。そりゃ誰でも怒りますよ。しかもやってることが政局。

内閣主要ポストのほかのメンバーは必死で復旧&復興に取り組んでるのに、党幹事長&国対委員長って政界運営だけが仕事なんで、かなり温度差があるんでしょうねえ。ましてや自民&公明は、自分から蚊帳の外を選んだので、政局やってないとヒマでしょうからねえ。

何度も分裂の危機を乗り越えてきた民主党。今日の動きに注目してます。

個人的な予想ですか?ケチョンケチョンに総理が言われて、幹事長と国対委員長が「ご退任を」って迫って、「明日には決断する」って言って総会が終わって、新聞が「明日退陣時期表明」って出して、明日になったら「解散&総選挙」って感じじゃないかと思ってます。真夏の総選挙ですかねえ?それはないわな。

gq1023 at 05:28│
人生初姓名判断店舗の内外装壁面塗装完了