福岡で男の子が事故で亡くなった件慰霊の日

2011年06月24日

連帯保証人の制度改革

一昨日、金融庁主導での改革がはじまった連帯保証人制度。これって日本独自の制度だって知ってました?

保証人って制度は諸外国にもあります。でも連帯保証人は違う。何が違うって、これ連帯って付くと、借り手と保証人が全く同じ位置になるのです。意味分からないですか?ようするに保証人って付いてるけど、主債務者でもあるということです。

だけど、金融機関が「連帯保証人がいないと貸さない」って言うから、日本中に連帯保証人が大量にいるのです。

保証人なら金融機関から「返してください」って言われても、「借りた張本人に聞いてください」って言えるんですが、連帯保証人だとそうはいかない。「返せ」って言われた本人が実際の借り手を探し出して払わせるか、かわりに払わなきゃいけない。

しかも、こんな制度があるから、1社の零細企業の倒産でも、何社も連鎖倒産したりする。連帯保証人の数珠つなぎで倒産しちゃうのです。

今回の改革では「連帯保証人は貸し手の経営に関係する人のみ」となるようです。当たり前ですよね。やっと諸外国と同じになれるかも知れません。

私は一度も誰かの連帯保証人になったことはありません。なぜなら、頼まれたら必ず「借りる額の半分を手数料として現金でココに積まない限り印鑑は押せない」と言うからです。連帯保証人の制度を考えるとそういう事ですからね。

そもそも、金を借りる本人以外の第三者が、同等の責任を有するなんて制度自体がおかしいんですよ。借り手より貸し手の権利を優先するこの仕組みは、早く撤廃するべきだと、個人的には思ってます。

gq1023 at 05:40│
福岡で男の子が事故で亡くなった件慰霊の日