民主・自民・公明の大連立なんてとっくにできてるノートパソコン故障

2011年06月21日

石原知事の頭がおかしくなった件

昨日、石原知事が記者会見で、日本には核保有が必要で、軍事政権をつくって、徴兵制を導入すべきって発言しました。まあ、懸命な新聞社やテレビ局は報道しないと思いますが、一部では問題視される可能性があります。

普通の人なら「石原知事は頭がおかしくなったのかな?」って思いますよね。でも、この方は昔から同じこと言ってるんです。だから自民党時代も一人ぼっちだった。ただね、昨日の会見はちょっと違ったんです。その発言とは、

「世界の国際政治を見てごらんなさい。なんだかんだ言いながら、核を持ってる人間は、マージャンでいえば一翻(イーファン)ついてて上がれるけど、マージャンやっている人は分かっている、一翻がついていない人間は絶対に上がれない」

って言ったんです。意味分かります?分からないですよね。ビジネスミーティングの場で、何か物事を語るときにマージャンに例えるなんてないですよ。だって、ロクな人間じゃないって思われちゃいますからね。それをやっちゃいました。

「今の日本はチートイみたいなもんです。でも三色同順にしなきゃいけない」なんて言ったって、誰も分かるわけないじゃないですか。

正しく言うなら「核を持たないということは国際社会の核保有国に同等以下としか見なされない」って言うべきだし、徴兵制だって断言するんじゃなくて、「国家の安全を他国の軍隊に任せてノホホンとしてられる国って他にありますか?」って問いかけるべきです。

どうしたんですかねえ。モーロクしちゃいましたかねえ。それとも、昨日は徹夜マージャンだったんですかねえ。ちょっとビックリしました。

gq1023 at 04:56│
民主・自民・公明の大連立なんてとっくにできてるノートパソコン故障