アメリカ合衆国 渡航警告(勝手に日本語化)ひざ痛で走れません…(悲)

2011年05月26日

ボランティア激減

震災から2カ月半。被災地&原発の影響があったエリア以外の興味が冷めて来ています。その証拠に、ボランティアの数が激減していて、一時の半数以下になっている所も多く出てきているようです。

意外かもしれませんが、ボランティアって被災地の中からはあまり出て来ません。被災地に住む被害の少ない人が、被害の大きい人々を助ければ良いと思うでしょうが、被害の少ない人の多くは「私は被災者だ」と思いこんでいて、動かないのですよ。

でも、今回はまだボランティアが多数いるだけましですよね。私が経験した阪神大震災では、今からまさに復興へというタイミングで地下鉄サリン事件が発生し、あっという間に世間から震災の存在が忘れ去られてしまいました。

今は被災者がボランティアの活用法をやっと知ったって時期でして、まさに今から頼みたいって人が沢山いるタイミングなのですが、その頼みの綱のボランティアがいないってことになってます。

震災後3ヶ月目というと、自殺者が多く出て来る時期です。難しい時期に入って来ました。皆さんボランティアって行きました?100年に一度の災害とのことですから、1回ぐらい参加してみてはいかがでしょうか?

gq1023 at 06:18│
アメリカ合衆国 渡航警告(勝手に日本語化)ひざ痛で走れません…(悲)