NSF250が生みだす価値原発問題まで政争の具にするとは…

2011年05月23日

鈴鹿商工会議所青年部「バイクであいたいパレード」

pare15-1毎年8耐の前夜祭と並行して、鈴鹿商工会議所青年部の皆さんが企画されるイベントがあります。それが日本最大級の交通安全パレード「バイクであいたいパレード」です。

鈴鹿市の中心部にあるハンターというショッピングセンターから、鈴鹿サーキットまでを、たくさんのバイクでパレードランするのですが、いつも我々はサーキットにベッタリいるので、こちらと連動できていませんでした。

ただね、うちのチームって石垣市商工会青年部の支援も受けていて、石垣島まつりでは商工会青年部の所でパレードさせてもらってるもんですので、今回は連動を図ってみようかなあと思いつきで考えてます。

商工会青年部では、インパルスって共通のマークを掲げてるんですよ。昨年、石垣牛を持って鈴鹿まで来てくださったいしなぎ屋の石垣憲良さんは青年部を徹底的に支援していて、一緒に来られた弟さんは、石垣島でCB1300やハーレーも乗ってます。からむべきですよね。

本当なら、サーキット内に鈴鹿物産販売ブースとかあっても良さそうなんですが、なかなかそういう正しい連動ってできてないんですよね。

やっぱ8耐はサーキットだけで完結できないですよ。あの街だからできる事がある。あの街を支える人々がいて、はじめてできてる世界観がある。だから、何か連動したいなあと思ってます。

とはいえ、バイクを用意するのが一番大変だったりするんですがね。TSRさんのレンタルバイクが良いかな?

gq1023 at 07:05
NSF250が生みだす価値原発問題まで政争の具にするとは…