右足親指の爪が…セクレテールです

2011年05月20日

日本人は防災意識が低いのか

99929c0a.jpg大津波があった場所や土砂崩れ危険地帯に平気で家を建てたり町をつくったりする日本人。前から「そんなんで大丈夫なんかなあ」と思ってました。

かくいう私が小学生時代に住んでいた場所もすごい所で、神戸市灘区城の下通という住所の所で、落石や地滑りは日常茶飯事って所でした。

阪神大震災の時は、六甲アイランドって埋立て島に住んでいたのですが、そこと市街地をつなぐ一般道唯一の橋の横のガスタンクのどこかに亀裂が入り、液状化でドロドロの中の避難を余儀なくされました。

その指示がいかしていて「島のできるだけ南東に」でした。要するに爆発したらどこにいてもダメだけど、せめてギリギリ行ける所まで逃げといてってことです。朝5時にいきなり避難命令ですからね。他の地域は「2km以上離れてください」って言ってたんですけどね。

レースでオートポリス行っても思うのですが、阿蘇なんて昔の噴火口の中に人が住んでるでしょ。電車も走ってて結構な規模の街になってますもんね。外輪山なんてノホホンと車やバイクが走ってるけど、噴火口の上ですよね。それどころか、今現在の噴火口だって車で行けちゃう。危ないっちゅーねん。

これ、何なんですかねえ。台風が来たらサーフィンに行くヤツいますよね。それで行方不明になったり救助されたりする。それとか、川が増水してるって聞いて川を見に行って流されたなんてのも多い。当たり前でしょうが。

毎年のように台風が来る国なのに、今や雨戸がない家だらけ。地震が来るのに家具すら固定しない。どうも我が国と国民は、防災にはあまり興味がないようです。ご自宅に消火器ぐらいは置いておきましょうね。

gq1023 at 06:37

この記事へのコメント

1. Posted by たくポン   2011年05月20日 08:43
はい!・・日本人?は防災意識は低いと思いますよ…
と言うか・・・関心が無い・・・
消防団やってても、ご近所あんは何かと頼りにしてくれますが大半は「無駄な事を好きでやってる自己満足なお荷物連中」って思ってる方が多いでしょう・・・
町内の消火器すら「何処にあんの?」って事ですし震災が有ったら
避難場所すら「たしか・・小学校?」ってな感じです。
大きな震災が有ったら消防や警察なんてまず、来やしない(来れない)自分達で何とかするしかない・・・これも認識されてません・・・
どんな時でも電話1本で飛んで来ると思ってます。・・
そんな「もしも!」の時の為に無駄と言われてる訓練(本職みたいには出来ませんが)してるんですけど・・・
この前、小学校で放水訓練やってたら「こんなんやってどうすんの?(小学生)・・さぁな(大人)・・・(笑)」と笑われましたとさ・・・・
私らの遣ってる事・・・「もしも!」の為になんですけどね・・・・
これすら判って貰えないから、変な所に家を建てるんですよ・・・
畳屋ですから、そんな物件イッパイ見てきました。
2. Posted by Hippo   2011年05月20日 08:56
> たくポンさん

そうですよねえ。私達も、先日町内防災運動会ってのをやったのですが、その際に「町会の第一避難場所はどこでしょう?」ってクイズに、広域避難場所を答えてました。「間違い」っていうと「あんたが間違ってるんだよ」って怒られちゃう始末…。

食糧や水の備蓄などもあるので、ちゃんと避難場所の違いを理解して欲しいのですが、いざとなったら誰かが助けてくれると思ってるのでしょうねえ。

小学校にはカラー竹馬があるのですが、これも簡易の担架にするために導入されてるのですが、どこまで浸透してるのやらって感じです。

この国は、なんとか防災意識を高めないとダメですね。
右足親指の爪が…セクレテールです