調理&製菓専門学校の辻学園が民事再生法の適用を申請スーパークールビズ

2011年04月27日

民主党主流派による反乱

不幸にも「反小沢」の旗印を掲げて、党内主流派を味方につけず、ひたすら切りながら運営してきた現執行部。とうとう主流派の反乱を受ける事態となりました。

自民党では執行部は党内の上位組織ではなく、一番上位に派閥の長がいて、さらに都道府県連トップがいました。何か執行部で意見を決めようとすると、派閥のトップの理解が不可欠で、各派閥内での意見交換やバトルも非常に熱いものがありました。

しかし、民主党は執行部が最上位組織。だから周りの意見を吸い上げる機能がありません。結果としては、現場から「執行部の横暴」といった発言が出るようになる。

両院議員総会を開いたら、執行部は地方選の責任をとらされて辞任。自民党が内閣不信任案を出したら、反執行部のメンバーが自民に同調して総辞職か解散です。Xデーは5月末から6月上旬とされました。

実際に自民党の方の中には、選挙事務所を探し始めた方もいます。もしかすると、真夏の選挙って可能性も出て来ました。

東北には岩手に小沢一郎がいます。福島には渡部恒三もいる。自民党最大派閥だった竹下七奉行の2人。宮城には安住淳がいる。気仙沼や南三陸町を選挙区とする宮城6区は、岩手・宮城・福島の小選挙区で、自民党が唯一議席を持ってる地区でもあります。

この顔ぶれが揃えば、いつ動き出してもおかしくない。民主&自民で足並み揃えて「地域政党:復興党」なんてやるかも知れません。忘れちゃいけませんが、新潟には田中真紀子だっているのです。

それにしても、党内をまとめられずに、どうやって国家をまとめるんでしょうねえ。

gq1023 at 07:23│
調理&製菓専門学校の辻学園が民事再生法の適用を申請スーパークールビズ