政界に反省の色ナシ避難した人をどうやって地方自治体が把握するの?

2011年04月21日

映画「東京原発」

aaae80a3.jpgフリージャーナリストの岩上安身さんがツイッターでつぶやいていたので、映画「東京原発」のDVDを借りて観てみました。

バカバカしい映画ですが素晴らしい。あのダイワマンになるのを拒否した役所広司が都知事役。脇を固めるのも平田満・段田安則・田山涼成・岸部一徳・吉田日出子ですからね。とぼけた演技が最高に上手い役者さんたちが勢ぞろいです。

まあ、こんな映画製作したって、いろんな圧力で上映できるわけないですが、それでもいくつかの映画館で上映されたそうです。

「ひっ迫する都財政を解決するため都庁に原発を誘致」って発想、いいですねえ。「原発は安全なんだ!電気を一番使ってる所に原発を置かないでいいわけないだろ!文句あるヤツは電気なんかつかうな!」この発言もいい。

今回の問題を全部ひっくるめて凝縮したような映画でございました。

gq1023 at 06:27│
政界に反省の色ナシ避難した人をどうやって地方自治体が把握するの?