今回の自衛隊出動は早かったどうなるクリスマスイルミネーション

2011年03月29日

3週間目の避難所という所

どんな巨大災害でも同じですが、避難所は地域における情報拠点であり、被災住民のより所なので、多くの人々が集まります。

ただしそこには、家屋を失った人、家族を失った人、仕事を失った人、家屋と家族と仕事を失った人などもいますし、家屋も家族も仕事も失ってないけど、まだ家に住める状況じゃないので避難所にいるって人もいます。

避難所は落ち着かないのでボロボロの自宅に残る人もいます。防犯上怖いので、自宅前にテントを張って生活する人もいます。最初のうちは自活してるのですが、周辺で店舗が再開しないと、いずれ食糧が枯渇して避難所に食糧をもらいに行くようになります。

最初は2世帯8人が食糧をもらう程度です。ところが自宅避難できる地域は、得てして周辺にも自宅避難者がたくさんいます。「避難所で食糧もらった」という情報が口コミで広まると、あっという間に多くの人々が避難所に訪れるのです。

そうすると現場が混乱します。避難民120世帯280人と県に届け出している所に、自宅避難民30世帯100人が押し寄せたりするのです。

そしてイザコザになります。「食糧を出せるor出せない」から「自宅避難者は避難所にいる人より手間をかけてないのだから食糧ぐらい出せ」なんて話しになり、「避難所にいるアイツの家は全く壊れてないんだから追い出せ」なんて話しも出ます。

「夜中の咳がうるさい」とか「いびきで寝られない」とか「犬がくさい」とか「あの人は飲料水で顔を洗った」とか、小さいけど重大な問題が多々発生します。とくにやる事がない時期は、その問題が避難所全体の大問題になったりします。

一方では、決してメディアで報道されない「トイレ不足」という避難所設置当初からの問題が深刻化します。どこも深刻なのですが、テレビでは「同情を引く映像」が好まれ、「悲惨すぎる映像」や「実情を訴える映像」は流れません。

各避難所のトイレは、正式に避難所となる前から混乱します。じつは水洗便所は、水が流れないというだけで、ほんの5人ほどに使われただけでヒドイ状態になります。2日目には普通の人なら入れない場所になります。

「配給する人vsもらう人」のバトルも勃発します。3週間目には当番制になるのですが、これをやらない人がいる。「勝手に当番にされた」って人が出て来るのです。でも「当番じゃなくても毎日手伝う人」もいる。ここもトラブルになりがちです。

風邪や腹痛も蔓延し始めます。多くの人々が密集して生活してるので、あっという間に伝染病が広まっちゃうのです。防疫対策が急速に深刻化する時期でもあります。

食糧もいろんな物が山積みなんだけど、食糧が来なかった時のトラウマから、在庫を全部放出するような支給はまだやりません。保存がきくものは保存食として置いちゃうのです。当日届くもので保存のきかないものから支給することになります。

結局、カップ麺が山積みになっている前で、おにぎり1個やパン1個が支給されるってのが、まさにこの時期です。

主要な救援物資のターミナルは、おそらく物資が満載で、受付中止してるはずです。東京都では日曜日に受付を休止しました。それでもテレビでは「物資が足りない」って報道をし続けてます。前日までの取材内容を放送してるからです。

もう少しすると、避難所には冷蔵庫が必要になります。今「巨大な冷蔵庫をくれ」って言ってくれればいいのですが、現場では、ほんの少し先を見越す余裕すらなくなってます。1,440個のカップ麺を200名の避難民で分けるってことすら計算できなかったりします。

「早く避難所を出たい」という気持ちはみんな同じです。でも罹災証明だけをもらって仕事を探しに避難所を出て行ける人は、もう出て行ってます。「国や自治体に助けてもらって避難所から出して欲しい」って人だけが残ります。それはやる気の問題ではなく、その置かれた環境によって異なるのです。残った人を責めることも、出て行く人を責めることもできません。

今日から1ヶ月目までが避難所の秩序を構築する重要な期間となります。その間に学校が再開したり、職場が再開したり、鉄道が運行再開したりします。掃除・洗濯・食事の当番制が構築され、模造紙に大きく書いて貼られるようになります。

1ヶ月目には携帯電話がつながるようになります。ワンセグで好きなテレビが見られるようになります。親族を頼って地元を離れた人々が大挙して戻って来ます。救援物資が届かなくなります。世の中の人の興味も薄れます。大変な時期です。

なんとなく雰囲気つかめます?被災地にいない人も大量のカップ麺とミネラルウォーターの前で普通の生活してると思いますがね。命あった人々にとっては、ここからが正念場です。みんなでがんばりましょう。

gq1023 at 07:33│
今回の自衛隊出動は早かったどうなるクリスマスイルミネーション