日本経済の起爆剤は言語改革から!なーんちゃってお取引先の社長が亡くなりました…

2011年02月17日

FC東京の長友って吉田実氏の甥っ子らしいよ

bf53cd2b.jpg長友佑都選手がインテルに移籍したのは記憶に新しいのですが、私にとっては「FC東京の長友って吉田実氏の甥っ子らしいよ」って形で、競輪関係者から初情報がもたらされました。

あの四国・観音寺競輪では吉田実氏の名前を知らない人はいません。だって吉田実杯ってレースがありますからね。閉園された仁尾サンシャインランドの仕事の時に、開催があればいつも行ってましたよ銭型くんの観音寺競輪はね。

岸和田競輪の大スター石田雄彦氏。偶然にも、この大選手の引退セレモニーのお手伝いをさせていただきました。当時の岸和田市長が原昇さんって方で、乾杯のビールは「朝日が昇るでアサヒにしてくれ」って言われて、サントリー系のダイナックさんにスーパードライ頼んだなあ。

どちらも昭和30年代を代表する選手なのですが、そこに吉田実氏もお越しになられて、かっこいい話しされてましたよ。

平成3年の高松オールスター競輪のイベントで、なぜかブラジルサンバダンサーと香川の競輪選手で四国一周聖火リレーってのをやった時に、途中で立ち寄った観音寺のゴルフ練習場で、おいしい食堂を教えていただきました。

そんなことで、長友佑都選手は私にしては珍しくサッカー選手なのに名前を記憶してたのですが、なんか就職活動の最中に、FC東京都の練習があって、そこで無名だったのに声を掛けられて急にFC東京の練習生になって、そのままU-22日本代表に選出されたって話しでした。

「世の中にそんなことあるんだなあ」って思ってたら、日本代表にも選出されて、ワールドカップにも出場して、気が付いたらセリエAの弱小チームにレンタルされて、アジアカップが終わったらインテル入りですからねえ。

長友選手は、愛媛県西条は神拝小学校の出身ですって。私がはじめてバイクに乗せてもらったのって、まだ西条の大師町に「はなやま」さんがお店出してた頃に、ポケバイ買って来て乗せてくれたのが最初でした。

あの町から、大スターが出たんだなあと感動するとともに、親子ではなく、結構離れた親族の中で大選手と言われる人が2人も出て来ることに驚きました。がんばれニッポン!がんばれ長友!

ライダースクラブはなやま http://www.hanayama.co.jp/

gq1023 at 07:56│
日本経済の起爆剤は言語改革から!なーんちゃってお取引先の社長が亡くなりました…