ムバラクよりやまねこマラソン石垣島5万円フィッシングツアー本格募集開始

2011年02月13日

石垣島にはグローバル社会の縮図がある

石垣島にはディスカウントストアなんてない。だからスポーツ用品だって電化製品だって高く買わなきゃいけなかったのです。離島では、人々が様々な商品を高く買うってことで、その小さな社会が成立してたのです。

ところが、ネットの普及で一気に状況が変化しました。なぜなら楽天やヤフーショッピングでなんでも安く買えちゃうから。今までは近くの電器屋さんで買ってた人も、ネットで安く買うようになって、電気屋さんは経営が立ち行かなくなる。

逆に石垣島の情報なんて全く東京には流れてなかったのが、同じくネットの普及でどんどん流され「素晴らしい島だ」ということで、都会の人々が大挙して流入。そして土地を買いまくり、自然を守れなんて滅茶苦茶を言うだけ言って、落ち着いたら帰郷。空室だらけのキレイなアパートと空き店舗がさみしい姿をさらけ出してます。

そう、時代はグローバルなのです。情報化社会なのです。離島から日本の一部へと変化したことで、島だけで経済が成立していた時の常識が通用しなくなっているのです。

日本でゼロ金利を導入しても、そのお金は日本からすぐ金利の良い国へと流出しちゃう。日本で借りたお金で、中国に工場を建設して機械ごと中国に移転するなんて事態が、次々と発生してる。

だから、一国だけの事を考えておけばよかった旧時代の金融政策を導入しても、何の景気浮揚にもならないのです。

石垣島を見ていると、世界の縮図がここにあるようで、考え方がクリアになります。

gq1023 at 18:41│沖縄・石垣島 
ムバラクよりやまねこマラソン石垣島5万円フィッシングツアー本格募集開始