超高級志向層の趣向を考えるそうさ、みんなモトクロスなのさ!

2011年02月11日

インスタントコーヒーは楽したい人が飲むもの

c9bcbc55.jpgインスタントコーヒーってあるじゃないですか、私は飲まないのですが、うちの奥さんは毎日飲んでいて、自宅の在庫が切れたので「帰りに買って来てくれ」との依頼が入りました。そこで、昨日スーパーマーケットに行って来ました。

そしたら、いろんな種類が置いてあるんですが、何の魅力もない。ブランドによる違いも、外観上における味の違いも分からない。ただ単純に同じものに違うラベルが貼られて、違う値段がついているって感じなのです。

私はてっきり「ミルク入り」とか「ミルク砂糖入り」なんてのが並んでいて、「インスタントカフェオレ」なんてのが売られていると思ったのですが、そうではありませんでした。缶コーヒーにはあるのにねえ。

スティックタイプには、いろんな味のがあるから市場はあるけど、大型ボトルについては展開してないって、なんかもったいなくないですか?

ネスレなら「ネスカフェ・エクセラオーレ」なんてのがあっても良い気がするのです。だって同じ会社から「ミロ」が出てるぐらいだから「インスタントコーヒー牛乳」の市場だってあると思いません?

じつは市場ってを考える時、こういう考え方が大切だと思うのです。売れるか売れないかじゃなく、商品案を提起する脳みそをつくる。楽しいでしょ。そうすれば、ミルクの会社や砂糖の会社もインスタントコーヒー市場を席巻できるかも知れない。そんな事を、家に帰る道すがら思ってみました。

gq1023 at 07:47
超高級志向層の趣向を考えるそうさ、みんなモトクロスなのさ!